ラクトフェリンとは

健康ダイエット



ラクトフェリンとは



sponsored link

ラクトフェリンとは、哺乳類の母乳や唾液、汗、涙に存在する、強力な殺菌機能を持った糖タンパク質です。ラクトフェリンは強い鉄結合性を持っており、周りから鉄を補足し取り除くことで、生育に鉄が必要な多くの殺菌の増殖を抑制します。1939年にデンマークの科学者によって、牛乳中に含まれる鉄と結合しやすく、赤みがかったタンパク質「赤色蛋白質 (レッド・プロテイン)」として初めて報告されました。また、強力に鉄と結合することから、鉄をはじめとする重金属イオンが体内に過剰に蓄積することによって起こされる酸化ストレスを抑制するといわれています。

ラクトフェリンは母乳に豊富

ラクトフェリンは人の母乳に豊富に含まれています。特に出産後3日以内に出る「初乳」に際立って豊富に含まれており、赤ちゃんは最初の一週間に毎日7g~10gのラクトフェリンを摂っています。まだ未熟な赤ちゃんが健やかに育つためにラクトフェリンは重要なはたらきをしていると推測されています。ラクトフェリンは母乳のほかに、唾液や汗、涙に含まれ、大人でも子供でも毎日体内で0.08g~0.1gほど合成されています。また、体内の主要な組織(心臓、脳、肝臓など)に受容体があり、ラクトフェリンを受け入れています。このことからラクトフェリンが体内の組織に重要な役割を担っていることがわかります。

大人が母乳を飲んでも良い?

ラクトフェリンのはたらきから、大人が体内合成のほかに口径摂取でラクトフェリンを摂れば、赤ちゃんのようなに健やかになれると考えられますが、実は意味がありません。何故なら消化器官が未熟な赤ちゃんだからこそ、ラクトフェリンが胃で分解・消化されずに小腸で吸収されるからです。大人が口径摂取しても、ラクトフェリンは離乳期以降の子供から大人の胃から分泌されるペプシンによって分解され体内へほとんど吸収されません。



[スポンサードリンク]