ラクトフェリン食品の盲点

健康ダイエット



ラクトフェリン食品の盲点



sponsored link

ラクトフェリン食品、サプリメントの種類はたくさんあります。しかし、ラクトフェリン含有食品を摂取しても、思ったようなはたらきが得られないことがあります。

離乳した後の子供や大人が母乳を飲んだりしても、期待されるラクトフェリンのはたらきを得ることは無理です。そもそも赤ちゃんは離乳後から身体の消化システムが変化するからです。まだ母乳を必要とする乳児の場合、胃酸やレンニン(キモシン)という凝固させ消化を助ける酵素が、母乳を白いカタマリと、黄色い半透明の乳清へ分けます。このときラクトフェリンは乳清に含まれ、そのまま小腸へ行き、吸収されます。

一方、離乳期を向かえた赤ちゃんは、大人と同じように胃から強酸性のペプシンという消化酵素が分泌されるようになります。ペプシンはたんぱく質の分解と、食べた食物に存在する菌や微生物などを退治してくれる重要な酵素です。ただし、ラクトフェリンもたんぱく質なので、他のたんぱく質と同様にペプシンに分解されてしまいます。しかもペプシンの分解力は強く、ラクトフェリンは胃で大半が分解されてしまい、小腸へ届くのは極わずかしか残っていないそうです。

ラクトフェリンを一度に大量に摂取した場合は、小腸にまである程度の量は届くそうですが、とても効率が悪いそうです。また、胃酸の分泌が活発でない空腹時にラクトフェリンを摂取した場合は、胃酸の影響をあまり受けないので、ある程度は小腸にまで届くそうですが、これも効率がよくありません。そしてラクトフェリンはたんぱく質なので熱にも弱いという特徴を持っています。ラクトフェリンのサプリを選ぶ場合は、製造の過程で熱に気をつけ、胃酸で溶けないような加工をされたものを選びましょう。



[スポンサードリンク]